• HOME
  • ブログ
  • スクワット
  • 【トップサイド(ハーフ)デッドリフト】の正しいフォーム・やり方 | 「腰を痛めない方法」「背中に効かない」方はぜひ!

【トップサイド(ハーフ)デッドリフト】の正しいフォーム・やり方 | 「腰を痛めない方法」「背中に効かない」方はぜひ!

【トップサイドデッドリフトの正しいやり方】
00:06 〜①スタートポジションは床ではなく、膝の前辺りにセットします
00:14 〜②足幅は踏ん張りやすい幅、グリップは肩幅より僅かに広い程度
00:25 〜③お尻を高く上げ、背中を真っ直ぐにします(この姿勢が最も重要です)
00:44〜④背中を真っ直ぐにしたまま上げ、下げる位置はセット台に当たる手前ぐらいまでで動作します

【トップサイドデッドリフトの注意点】
01:12 〜とにかく、背中を真っ直ぐにすることが最重要、重すぎる重量で背中が丸まってしまわないように
01:29 〜肩、首回りが力まずに、肩を落として胸を張るように意識する
01:55 〜背中を反りすぎる、反動を使いすぎてしまう(上級者にみられるテクニックではありますが、フォームが固まってない初心者は注意)
02:16 〜腰に力が集中してしまわないように
02:31 〜垂直にシャフトを上げ下げすることが大事、お尻が下がったり、シャフトが体から離れ、垂直に上下していないと効果的でなかったり、怪我のリスクが高まったりするので、気をつけましょう

トップサイドデッドリフトは床よりすこし高い位置からスタートするデッドリフトです。
背中の筋肉、特に脊柱起立筋を主なターゲットとしています。

デッドリフトは背中を真っ直ぐにすることが最も重要になってきますので、姿勢に最新の注意を払いましょう。背中の筋肉が大きく動作するというエクササイズではないのですが、高重量で強い負荷をかけられることから、分厚い背中を作ることができる可能性が高いエクササイズです。

腰痛がある方や、股関節が固い方などにも効果的に行える可能性が高いデッドリフトです。
是非試してみてください。

質問、疑問、不明点あれば是非コメントください!
お答えさせていただきます!

#背中筋トレ初心者
#トップサイドデッドリフト
#正しいフォーム

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。