コロナウイルスの最強の対策!【すぐにできる免疫力を高める方法】

人間力大學大嶋啓介チャンネルへようこそ!

▷本日のテーマはこちら:
コロナウイルスの最強の対策!【すぐにできる免疫力を高める方法】

▼大嶋啓介の最新情報やプレゼントはこちらから
 大嶋啓介公式LINE@  
スペシャル映像をプレゼント!
https://lin.ee/BDhr0QS

◾️大嶋啓介 チャンネル登録はこちら↓
https://goo.gl/zAHtNK

◾️無料メルマガ 大嶋啓介人間力の磨き方
 週3日元気になる話しを配信中!
↓↓↓
http://temperament-ex.com/Lo8540/13242

■大嶋啓介 講演最新情報↓

講演・セミナー

◾️大嶋啓介とは↓

トップページ

◾️Facebook↓
http://urx2.nu/ETTr

◾️アメーバブログ↓
http://ameblo.jp/k-teppen/

◾️講話・研修依頼・お問い合わせ

講演依頼

◾️人間力大學↓
http://ningenryokudaigaku.com/tokyo/
理事長 大嶋啓介 校長 鴨頭嘉人

======================

☆★☆★大嶋啓介☆★☆★

1974年1月19日、三重県桑名市生まれ。
2004年、居酒屋から日本を元気にすることを目的に、
株式会社てっぺんを設立。
『本気の朝礼』が日本中に話題になり、
数々のテレビや雑誌に取り上げられる。
年間に1万人以上の人が、
全国から朝礼の見学に訪れるほどに。
日本だけではなく、海外からも見学に訪れる。
また、驚くことに、
中学生や高校生が、修学旅行で朝礼の体験に来るようにもなっている。
また、北京オリンピックでは、
女子のソフトボールのチームに、
朝礼研修をおこない金メダルに貢献。
高校野球界では
2015~2017年にかけ24校にチーム強化研修をおこない、
13校が甲子園に出場。
このように、てっぺんの朝礼の広まりは、
企業だけではなく、学校、そして、
スポーツの業界にも広まっている。
現在は、企業講演だけでなく、学校講演を中心に、日本中の子どもたちに夢を与えたいという思いで、全国に活動している。
主な実績としては
■居酒屋業界全体の活性化を目的に、
NPO法人居酒屋甲子園を立ち上げ、初代理事長に就任。
■外食産業に最も影響を与えた人に贈られる『外食アワード』を受賞。
■経済産業省からは、
日本に最も影響を与えている35歳以下の次世代を担う経営者に送られる
ドリームゲートアワードを受賞。
■朝礼から日本を元気にすることを目的に、
一般社団法人日本朝礼協会を立ち上げ、理事長に就任。

☆ 関連動画一覧 ☆
コロナウイルス対策 免疫力を高める最強のツボ

免疫力を高める3つの方法・コロナウイルス対策!

(必見!!)現役医師が暴露するコロナウイルスの最強の対策!【すぐにできる免疫力を3倍に高める極意】

【新型コロナウイルス対策】一番大事なのは、やっぱり「免疫力」 誰でも簡単に免疫力を高める方法

新型コロナウイルス感染予防のために免疫力を高める7つの方法

新型コロナウィルスを防ぐ方法【誰でもできる免疫力の高め方】
https://www.youtube.com/watch?v=fgEQuizJHiM

新型コロナウイルス肺炎対策!免疫力を3倍にする簡単な方法

【新型コロナウィルス対策】中医師が教える簡単に免疫力あげて感染から予防する方法をご紹介します

免疫力がアップする「医師オススメ」方法ベスト3!
https://www.youtube.com/watch?v=ugW6opkm6Z8

【新型コロナウイルス】免疫力を高める3つの体質6つの食べ物

新型コロナウイルスの予防法として私が行っていること
https://www.youtube.com/watch?v=pntTV-rUqQs

【新型コロナウイルス】免疫力を向上し、新型コロナウイルスに負けない体を作る方法(自然塩と特典付)

新型コロナウイルスを殺す体の作り方(免疫力、体温、腸内環境、発酵食品、メガビタミン)

【新型コロナウイルス】免疫力を高めて感染を防ぐ【漢方薬】

【新型コロナ予防対策】免疫力を高めるための具体的な5つの方法【医学的に有効な食品とは?】

新型コロナウイルス対策予防法など注意するのは糖尿病、脂肪肝免疫力が落ちている人で健康な人は騒ぐ必要もない

新型コロナウイルスの症状は!簡単すぐに出来る対策法で予防効果高まる!心と身体のセルフケア★アーユスのアーユルヴェーダ的日々

3分で分かる新型コロナウィルス感染症|知る事で適切な感染予防対策が出来ます

花粉症対策ストレッチで免疫力アップ!

コロナウイルスを特定する方法

#リーダー #ビジネス #メンタル

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。