【筋トレ】どっちのフォームがキツい?同じ重量でも筋肉への負荷は変わる

0

筋トレは対象筋に負荷をかけることで効果が出るものです。
負荷とは重りのことで、ダンベルやバーベル、マシンのプレート、あるいは自分の体重だったりします。
それらの負荷は関節を介して筋肉に伝わりますので、支点の位置やテコの使い方によって変わってきます。
ですので、ウエイトトレーニングで負荷を増やすことは、決して重量を上げることとイコールとは限らないわけですね。
それを理解していればトレーニングの幅も広がりますし、筋肉に効かせる技術の上達にもつながると思います。
動画の中でどっちがキツいか答えを言ってませんが、負荷のかかり方を想像しつつご覧いただければと思います。
※動作のテンポが違いますが、その点は無視してください…

関連動画
【筋トレ】2種類のベンチプレスの効果の違いは?やり方に目的を…

筋トレ上級者の基準は重量じゃない?技術に停滞期はない!

ダンベルベンチプレスが腕に効かないやり方!大胸筋に効果的なフォームを解説
https://www.youtube.com/watch?v=pFCkr_hmcxs

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。