ベンチプレス世界大会優勝 知事に報告

0

5月にスウェーデン・スンツバルで開かれたベンチプレス世界サブジュニア&ジュニア選手権の120㌔級で優勝した県立下館工業高3年の須藤健介さん(17)が17日、県庁の橋本昌知事を訪れ優勝を報告。「4年後の茨城国体で活躍する選手になりたい」と意気込みを語った。
 須藤さんはベンチプレス選手の父・正明さんの影響で中学3年から競技を始めた。今回が国際大会初出場だったが、自身が持つ日本高校記録を超える222・5㌔を成功させ、接戦を制した。
 須藤さんは8月に開かれる高校生の全国大会を見据え、「さらに日本記録更新を目指したい」と力を込めた。橋本知事は「体に気を付けて頑張って」とエールを送った。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。