• HOME
  • ブログ
  • ベンチプレス
  • 【筋トレ】高重量と低重量と中重量、結局どれが良いのか!?最新の科学に基づいて徹底解説します!【2021年最新版】

【筋トレ】高重量と低重量と中重量、結局どれが良いのか!?最新の科学に基づいて徹底解説します!【2021年最新版】

0

この動画を観ると
・高重量、低重量、中重量トレーニングのどれが一番筋肉を成長させることができるのか?について分かります。

販売中のプログラム
▼科学的根拠に基づく減量プログラム
https://note.com/workout_enhance/n/n1d4027cbf49b
▼科学的根拠に基づく筋肥大・増量プログラム
https://note.com/workout_enhance/n/n83829a3f530d

このチャンネルは『筋トレをアニメーションでわかりやすく解説する』を目標に配信しています。水曜日と土曜日の19:00に投稿していますので、是非チャンネル登録宜しくお願い致します。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
   🏆 3000人以上の方が登録中 🏆
   ⬇︎ 筋トレの科学公式LINE ⬇︎
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

友達登録すると無料で

✅有料筋トレガイドブックを2点プレゼント
(サプリメント完全ガイド&科学に基づく筋トレガイドブック)

✅LINE限定無料講座動画4本

✅YouTube以外のSNS

【⬇️無料登録はこちら⬇️】
https://lin.ee/rKEHkdj

※既に友達登録済みの方は
筋トレガイドブック→【最強7種目】という【】内の文字だけ入力してください!
最強7種目という文字以外が含まれるとシステム上送れないのでご了承ください。

【リョウのプロフィール】
・理学療法士(医療系国家資格)
・ボディビルダー
・パーソナルトレーナー

▼Twitterはこちら

▼Instagramはこちら
https://www.instagram.com/ryo_workout_jp/?hl=ja

00:00 動画概要
01:09 高重量vs中重量vs低重量
03:22 高重量vs低重量
04:53 筋力向上効果についてはどうなのか?
06:26 ちなみに特に怪我しやすい部位は?
07:37 お知らせ&まとめ

▼参考文献
1.最新のネットワークメタアナリシス
Lopez P, Radaelli R, Taaffe DR, Newton RU, Galvão DA, Trajano GS, Teodoro JL, Kraemer WJ, Häkkinen K, Pinto RS. Resistance Training Load Effects on Muscle Hypertrophy and Strength Gain: Systematic Review and Network Meta-analysis. Med Sci Sports Exerc. 2021 Jun 1;53(6):1206-1216. doi: 10.1249/MSS.0000000000002585. PMID: 33433148; PMCID: PMC8126497.

2.軽い重量でも筋肥大は起こる可能性を示した研究①
Mitchell CJ, Churchward-Venne TA, West DW, Burd NA, Breen L, Baker SK, Phillips SM. Resistance exercise load does not determine training-mediated hypertrophic gains in young men. J Appl Physiol (1985). 2012 Jul;113(1):71-7. doi: 10.1152/japplphysiol.00307.2012. Epub 2012 Apr 19. PMID: 22518835; PMCID: PMC3404827.

3.軽い重量でも筋肥大は起こる可能性を示した研究②
Morton RW, Oikawa SY, Wavell CG, Mazara N, McGlory C, Quadrilatero J, Baechler BL, Baker SK, Phillips SM. Neither load nor systemic hormones determine resistance training-mediated hypertrophy or strength gains in resistance-trained young men. J Appl Physiol (1985). 2016 Jul 1;121(1):129-38. doi: 10.1152/japplphysiol.00154.2016. Epub 2016 May 12. PMID: 27174923; PMCID: PMC4967245.

軽い重量でも筋肥大は起こる可能性を示した研究③
Fink J, Kikuchi N, Nakazato K. Effects of rest intervals and training loads on metabolic stress and muscle hypertrophy. Clin Physiol Funct Imaging. 2018 Mar;38(2):261-268. doi: 10.1111/cpf.12409. Epub 2016 Dec 28. PMID: 28032435.

軽い重量でも筋肥大は起こる可能性を示した研究④
Schoenfeld BJ, Wilson JM, Lowery RP, Krieger JW. Muscular adaptations in low- versus high-load resistance training: A meta-analysis. Eur J Sport Sci. 2016;16(1):1-10. doi: 10.1080/17461391.2014.989922. Epub 2014 Dec 20. PMID: 25530577.

軽い重量でも筋肥大は起こる可能性を示した研究⑤
Brad Schoenfeld,Do the anatomical and physiological properties of a muscle determine its adaptive response to different loading protocols?.2020

低重量トレーニングでは筋力があまり上がらない
Schoenfeld BJ, Wilson JM, Lowery RP, Krieger JW. Muscular adaptations in low- versus high-load resistance training: A meta-analysis. Eur J Sport Sci. 2016;16(1):1-10. doi: 10.1080/17461391.2014.989922. Epub 2014 Dec 20. PMID: 25530577.

1RMの30%未満のトレーニングでは筋肥大しない可能性
Schoenfeld BJ, Grgic J, Ogborn D, Krieger JW. Strength and Hypertrophy Adaptations Between Low- vs. High-Load Resistance Training: A Systematic Review and Meta-analysis. J Strength Cond Res. 2017 Dec;31(12):3508-3523. doi: 10.1519/JSC.0000000000002200. PMID: 28834797

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。