• HOME
  • ブログ
  • ベンチプレス
  • 【筋トレ】時短で最大限の筋肥大効果を得るためのポイント5選!筋トレメニューを組む時のヒントをお伝えします!

【筋トレ】時短で最大限の筋肥大効果を得るためのポイント5選!筋トレメニューを組む時のヒントをお伝えします!

0

この動画を見ると
忙しい人でも出来るトレーニングメニューの組み方・作り方が分かります。

【関連動画】
短時間で筋肥大が可能になるテクニック3選

【販売中のプログラム】
▼科学的根拠に基づく減量プログラム
https://note.com/workout_enhance/n/n1d4027cbf49b
▼科学的根拠に基づく筋肥大・増量プログラム
https://note.com/workout_enhance/n/n83829a3f530d

このチャンネルは『筋トレをアニメーションでわかりやすく解説する』を目標に配信しています。水曜日と土曜日の19:00に投稿していますので、是非チャンネル登録宜しくお願い致します。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
   🏆 4000人以上の方が登録中 🏆
   ⬇︎ 筋トレの科学公式LINE ⬇︎
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

友達登録すると無料で

✅有料筋トレガイドブックを2点プレゼント
(サプリメント完全ガイド&科学に基づく筋トレガイドブック)

✅LINE限定無料講座動画4本

✅YouTube以外のSNS

【⬇️無料登録はこちら⬇️】
https://lin.ee/rKEHkdj

※既に友達登録済みの方は
筋トレガイドブック→【最強7種目】という【】内の文字だけ入力してください!
最強7種目という文字以外が含まれるとシステム上送れないのでご了承ください。

【リョウのプロフィール】
・理学療法士(医療系国家資格)
・ボディビルダー
・パーソナルトレーナー

▼Twitterはこちら

▼Instagramはこちら
https://www.instagram.com/ryo_workout_jp/?hl=ja

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

✅目次

00:00 動画概要
00:49 トレーニング頻度
02:37 週あたりのセット数
04:05 レップ数(回数)
05:00 種目の選び方
07:57 休憩時間(セット間インターバル)
09:04 時短トレの応用編について
09:25 お知らせ&まとめ

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

▼参考文献
1.2021年のフィットネスに関する世界的な調査
Thompson, Walter R. Ph.D., FACSM Worldwide Survey of Fitness Trends for 2021, ACSM’s Health & Fitness Journal: 1/2 2021 – Volume 25 – Issue 1 – p 10-19 doi: 10.1249/FIT.0000000000000631

2.最適なトレーニング頻度について
Damas F, Phillips S, Vechin FC, Ugrinowitsch C. A review of resistance training-induced changes in skeletal muscle protein synthesis and their contribution to hypertrophy. Sports Med. 2015 Jun;45(6):801-7. doi: 10.1007/s40279-015-0320-0. PMID: 25739559.

3.トレーニングボリュームが等しいのなら週何回の筋トレでも効果は大きく変わらない その1
Schoenfeld BJ, Grgic J, Krieger J. How many times per week should a muscle be trained to maximize muscle hypertrophy? A systematic review and meta-analysis of studies examining the effects of resistance training frequency. J Sports Sci. 2019 Jun;37(11):1286-1295. doi: 10.1080/02640414.2018.1555906. Epub 2018 Dec 17. PMID: 30558493.

4.トレーニングボリュームが等しいのなら週何回の筋トレでも効果は大きく変わらない その2
Ralston GW, Kilgore L, Wyatt FB, Buchan D, Baker JS. Weekly Training Frequency Effects on Strength Gain: A Meta-Analysis. Sports Med Open. 2018 Aug 3;4(1):36. doi: 10.1186/s40798-018-0149-9. PMID: 30076500; PMCID: PMC6081873.

5.低いトレーニングボリュームでも筋肥大効果を得られる その1
HASS, CHRIS J.; GARZARELLA, LINDA; DE HOYOS, DIEGO; POLLOCK, MICHAEL L. Single versus multiple sets in long-term recreational weightlifters, Medicine & Science in Sports & Exercise: January 2000 – Volume 32 – Issue 1 – p 235

6.低いトレーニングボリュームでも筋肥大効果を得られる その2
Figueiredo VC, de Salles BF, Trajano GS. Volume for Muscle Hypertrophy and Health Outcomes: The Most Effective Variable in Resistance Training. Sports Med. 2018 Mar;48(3):499-505. doi: 10.1007/s40279-017-0793-0. PMID: 29022275.

7.低いトレーニングボリュームでも筋肥大効果を得られる その3
Schoenfeld BJ, Ogborn D, Krieger JW. Dose-response relationship between weekly resistance training volume and increases in muscle mass: A systematic review and meta-analysis. J Sports Sci. 2017 Jun;35(11):1073-1082. doi: 10.1080/02640414.2016.1210197. Epub 2016 Jul 19. PMID: 27433992.

8.ダンベルよりもバーベルの方が重い重量を扱える
Saeterbakken AH, Fimland MS. Effects of body position and loading modality on muscle activity and strength in shoulder presses. J Strength Cond Res. 2013 Jul;27(7):1824-31. doi: 10.1519/JSC.0b013e318276b873. PMID: 23096062.

9.最適なインターバル時間について その1
Saeterbakken AH, van den Tillaar R, Fimland MS. A comparison of muscle activity and 1-RM strength of three chest-press exercises with different stability requirements. J Sports Sci. 2011 Mar;29(5):533-8. doi: 10.1080/02640414.2010.543916. PMID: 21225489.

10.最適なインターバル時間について その2
Schoenfeld BJ, Pope ZK, Benik FM, Hester GM, Sellers J, Nooner JL, Schnaiter JA, Bond-Williams KE, Carter AS, Ross CL, Just BL, Henselmans M, Krieger JW. Longer Interset Rest Periods Enhance Muscle Strength and Hypertrophy in Resistance-Trained Men. J Strength Cond Res. 2016 Jul;30(7):1805-12. doi: 10.1519/JSC.0000000000001272. PMID: 26605807.

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。