【腕トレ】筋肉の中で最も目立つ前腕の科学的鍛え方,筋トレ法

0

前腕は良く見過ごされがちな筋肉の一つです。特にTシャツを着ているときに実際に露出しているのは上半身では前腕と首くらいであるため一般的には大胸筋や背中よりもはるかに目立ちやすく人の目に触れるケースが多い筋肉です。

そのため、この筋肉を理解して鍛えることで外見に大きな違いを生み出すのは間違いありません。
この動画ではそんな前腕について科学的なデータを基に正しい鍛え方を紹介します。

前腕の筋肉は背中の筋肉群と似ており、非常に多く、おおよそ20以上の筋肉が存在しているためそれぞれの筋肉の名前や動きを理解してトレーニングしなければいけないのかと思う人もいるかもしれませが、その必要はなく前腕の筋肉が働く運動はそこまで多くないため前腕の筋肉の大まかな解剖学的な知識だったりどんな運動で前腕が働くかを覚えておく程度でほとんどの人にとっては十分です。

前腕の筋肉は肩の三角筋のように前部と後部があり、前部は手のひらと同じ面にある筋肉群、後部は手の甲と同じ面にある筋肉です。

前腕の筋肉のほとんどは指と手首の関節にまたがっているため、この関節を使った運動で主に使用されます。前部は指と手首の関節を内側に曲げる屈曲、後部はこの逆で指と手首を開くような伸展運動です。後部にある腕橈骨筋という前腕の中でも非常に大きな筋肉は前腕の中でも肘関節に関わる筋肉であるため、上腕二頭筋のカールトレーニングなどでも活性化されています。

前腕の解剖学的な知識で重要になるのは前部と後部があり、前部は指と手首を内側に閉じる運動、後部は指と手首を外側に開くような運動。後部にある腕橈骨筋は、カールのように肘関節を曲げる運動でも働くということです。

・トレーニングについて深く知りたい方(メンバーになる)
https://www.youtube.com/channel/UCUxgdP02xhhCv4xaKiloThw/join

・パーカーに1対1で指導してほしい
https://coconala.com/services/1614937

・参照
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4540837/
https://journals.lww.com/nsca-jscr/fulltext/2004/08000/effect_of_12_weeks_of_wrist_and_forearm_training.7.aspx

・SNS
→instagram
https://www.instagram.com/parker_fitness_channel
→twitter

・website
https://workoutryou.com

・チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/c/ParkerFitnessworkout?sub_confirmation=1

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。