第2回パワーチューブ×A7 BIG3大会の模様!

0

パーソナルトレーニング&パワーリフティンジムTraining-studio”Master Mind”恵比寿、代表兼パーソナルトレーナー、パワーリフター栗原弘教のYoutubeチャンネルです。

BIG3の練習内容やフォームの解説、コンディショニング方法についての紹介、パワーリフティング大会の様子などを中心に更新しています。
取り上げて欲しいトピックや日々のトレーニングでの悩みなどがあればコメント欄にお願いします。
チャンネル登録もよろしくお願い致します!

パワーチューブチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCiYhjjtrd-G6uHA9CbaJ-DA

◆◇ 栗原弘教 ◇◆
◇Twitter https://twitter.com/kuririn_h
◇Instagram https://www.instagram.com/hirokurihara/
◇SBDコラムニスト https://www.sbdapparel.jp/contents/
◇AmericanBarbell Japan公式アンバサダー https://americanbarbelljapan.com/?ref=mastermind85

AmericanBarbell製品レビュー記事:セーフティスクワットバーの使い方とメリットについてhttps://americanbarbelljapan.com/blogs/news/how-to-use-safety-squat-bar?ref=mastermind85
AmericanBarbell製品レビュー記事:セーフティスクワットバーを使った効果的なトレーニング方法https://americanbarbelljapan.com/blogs/news/training-program-using-safety-squat-bar?ref=mastermind85
AmericanBarbell製品レビュー記事:スイスマルチグリップバー(フットボールバー)の特徴と効果的なトレーニング方法https://americanbarbelljapan.com/blogs/news/how-to-use-football-swiss-bar?ref=mastermind85

◇パワーリフティング大会公式ベスト記録
一般男子 105kg級
squat    300kg
bench press  192.5kg
deadlift    285kg
Total      770kg

Single bench press 190kg

’21 ’22 ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会
一般男子105kg級 優勝

東京都記録保持者
一般男子105kg級
SQ 300kg
DL 285kg
Total 770kg

◆◇累計500部以上読まれている note 記事 ◇◆
スクワット、ベンチプレス、デッドリフトの記録を効率よく伸ばしたい方、トレーニングに対するコンディショニングを学びたい方はぜひご購読ください。

◉初心者〜中級者の為のパワーリフティング大会用ピーキングプログラムと試合1週間前の調整方法:https://note.com/khironori/n/n5c7b15b4464a
◉高重量スクワットの為に必要な踏み圧、床反力を得る為に重要になる臀部、足部のコンディショニング方法:https://note.com/khironori/n/nf6e56eabc82d
◉高重量スクワットで担ぎを安定させる方法と、その為に重要となる部位の補助エクササイズ:https://note.com/khironori/n/ne553442ae6d5
◉高重量を扱う為、競技スポーツの為に役立つ肩甲帯コンディショニング方法 -ケア編-:https://note.com/khironori/n/n695cc2b41e23
◉高重量を扱う為、競技スポーツに役立つ肩甲帯コンディショニング方法- Mobilityドリル編 -:https://note.com/khironori/n/n5da65bc35f2f

◆◇ Training-studio”Master Mind” ◇◆
◇HP https://mastermind85.com/
◇Instagram https://www.instagram.com/mastermind2012ebisu/
◇Twitter https://twitter.com/MasterMind_kt
◇Master Mind オンラインショップ https://mastermind.base.ec/

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。