【肩トレ】最強の三角筋科学的鍛え方,筋トレ法

0

肩にある三角筋は非常に巨大な筋肉であり、外見にとって重要で人気も高い部位の一つでもありますが実際のところ筋肉の解剖学的な運動やトレーニングに関する科学的なデータを知らずに非効率的なトレーニングをしている人も少なくありません。

この動画では最新の科学的なデータやフィットネスの博士のインタビューなどを基に肩にある三角筋の鍛え方について紹介します。

肩には多くの筋肉がありますが、筋肉の外見としては三角筋が最も重要です。実は人間にある膨大な筋肉で上半身の中で最も大きいのはこの三角筋です。この筋肉は上腕三頭筋よりも50%大きく、上腕二頭筋よりも300%大きな部位です。筋肉はもともとのサイズが大きい部位のほうが肥大して外見に現れやすいため、この筋肉を鍛えると外見が大きく変わることは間違いありません。

肩関節にまたがる三角筋には前部と中部、後部があり、前部は体の前面、中部は側面、後部は背面にある筋肉です。肩関節にまたがり、3方向に筋繊維があるため、肩関節を使用して腕を動かすトレーニングのほとんどでこの筋肉は活動していますが、最も強力に働く運動は前部は肩関節の屈曲、中部は外転、後部は水平外転で最も強く働く傾向にあります。

・トレーニングについて深く知りたい方(メンバーになる)
https://www.youtube.com/channel/UCUxgdP02xhhCv4xaKiloThw/join

・パーカーに1対1で指導してほしい
https://coconala.com/services/1614937

・参照
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17241636
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23287827
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2806601/
https://www.researchgate.net/publication/232210633_The_Upright_Row_Implications_for_Preventing_Subacromial_Impingement
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30411350/
https://journals.lww.com/nsca-jscr/Fulltext/2013/07000/Effects_of_Body_Position_and_Loading_Modality_on.10.aspx
https://journals.lww.com/nsca-jscr/Fulltext/2013/07000/Effects_of_Body_Position_and_Loading_Modality_on.10.aspx
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7706677/#:~:text=For%20anterior%20deltoid%2C%20the%20shoulder,fly%20(18.8%25%20MVIC).
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32824894/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/8458132/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23302754/

・SNS
→instagram
https://www.instagram.com/parker_fitness_channel
→twitter

・website
https://workoutryou.com

・チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/c/ParkerFitnessworkout?sub_confirmation=1

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。